男性専用の青汁-糖尿病予防の食事

糖尿病を予防するための食生活

糖尿病を予防するためには、食生活が基本です。肥満を防ぐ食事は糖尿病以外の予防にも効果的です。肥満になりやすい人は、炭水化物や肉類、油物を減らして野菜中心の食事に切り替える必要があります。
しかし糖質は人間の活動で必要な栄養素でもあり、急激ダイエットは逆効果にもなりかねません。炭水化物などは朝食で多めにとり夕食後などその後の活動量が少ない時間はエネルギーが脂肪になりやすくなるので控えるなど、時間帯の工夫も大切です。

糖尿病予防の食生活

脂質の多い肉は控える

糖尿病にならない

肉(特に牛肉やバラ肉等)には、肥満に直結する動物性脂肪が多く含まれています。コレステロールを増加させ、血管に悪影響を与える事もあります。脂質の多い肉を沢山食べる方は、糖尿病以外にも多くの病気を引き起こす可能性がありますので、糖尿病と診断されていなくてもなるべく控えるように心掛けましょう
野菜を積極的に摂る

糖尿病にならない

野菜に含まれる食物繊維は、肥満を防ぐ働きをします。厚生労働省も、国民の健康づくりのために野菜を1日に350g以上摂取すること、そのうち緑黄色野菜を120g以上とることを目標としています。野菜をそのままの量を摂るのが難しい場合、青汁や野菜ジュースでという方も多いようですが、甘味料や添加物の入っていない物、で出来れば、国産100%の物を選びましょう。
朝食を抜かないで規則正しく食事する

糖尿病にならない

朝食を抜いたり、食事時間が不規則だったり、寝る前に食べるののを改善しましょう。特に朝食をきちんととることで、体のメカニズムは徐々に改善されていくものです。自分なりに出来ることを見つけて、朝昼晩の三食をバランス良く食べられるように、生活を変えていくようにしてください。炭水化物も朝食で摂る場合には。夕食後に摂るよりもその後の活動で消化されやすいので、朝食で多めに取り、昼は少なめにや夕食後は控えましょう。
調味料は控えめに

糖尿病にならない

野菜中心の食事で気を付けたいのがマヨネーズなどの調味料。マヨネーズやドレッシングは、油が多く、太りやすい食品です。醤油などの塩分は、高血圧の原因になり、糖尿病を悪化させます。どうして使いたい場合は、直接料理にかけず、小皿にとって小分けにつけましょう。
食べ物の食品表示を確認する
.

食事をする際には、食品によっては糖質量が表示されていますので糖質の量を表示している食品の成分をチェックしましょう。。糖質が記載されていない場合は計算方法を活用して糖質量を計算しましょう。意識的に続けることが大切です。