血糖値が気になる男性は食前に青汁

青汁は食前が良い

なぜ、飲むタイミングを書いていないのか?

健康のためにせっかく青汁を飲むなら、その効果を最大限に発揮できる飲み方をしたいものです。
実際に青汁を購入してみても、殆どの商品にいつ飲んだら良いという表示がありません。
数件のメーカーに電話で確認したら、食前にまたは食事と一緒に飲む方が良いとの回答を得たのですが、なぜ、パッケージやチラシ、ネットに書いていないのかを聞きました。
答えは「青汁は薬ではないので、「血糖値をさげる」とか「痩せる」とか「便秘に効く」といった効果を標ぼうできないので、飲むタイミングも薬のように指定できないとの事です。

効果があるのは食前もしくは食事中

血糖値が気になる

ダイエットや糖質を抑えるには、青汁を食前、食事をしながらが良いようです。理由は、青汁に含まれる食物繊維が食後の急激な血糖値の上昇を防ぐとともに

コレステロールや中性脂肪を体内に吸収されにくくしてくれるらしい。桑の葉の青汁の場合、特有成分DNJが糖質の吸収をブロックするので食前に飲むのがオススメです。
さらに食事の際には、ご飯や麺類から食べるのではなく、野菜などから先に食べることで血糖値の急上昇を抑えることが出来ますので、食べ方にも気を配ると効果的です。
青汁の中でも食物繊維が多い、桑の葉、大麦若葉を主原料にしている製品が良いのではないでしょうか。

 

なぜ血糖値は上がるのか?

高血糖はインスリンの分泌が保たれていない状態

血糖値が気になる方はご飯を冷やす

そもそも血糖値は何故に高くなるのでしょうか。人間は食事で糖分(ブドウ糖)を補給すると血糖値が上昇します。その際、膵臓(すいぞう)からホルモンの一種であるインスリンが分泌されますが、インスリンの分泌量が少なかったり、働きが低下すると血液中にブドウ糖がたまり高血糖となります。血糖値が高くなる理由の多くは食生活と運動不足といわれます。生活習慣の改善が第一です。青汁を食前に飲むのも食生活改善の一つです。
食べ物もちょっとした工夫ひとつで血糖値に影響がある

血糖値が気になる

ご飯や麺類など炭水化物が高血糖の大敵といわれますが、糖分を全くとらない事には賛否があります。しかし、その炭水化物も食べ方で血糖値の上昇を抑えることもあります。ご飯や麺類は冷えると、レジスタントスターチという成分に変わります。、レジスタントスターチは食物繊維と似た働きをするので、ご飯は覚ましておにぎりに、パスタや蕎麦、うどんは冷静の物の方が血糖値を上げにくいようです。
糖質や活力が気になる男性に人気の青汁

青汁にも色んな素材やサポート素材が配合されています。
野菜不足を補う事は勿論、ダイエットや活力アップなど様々な目的に青汁が注目されています。

 

女性に注目されがちな青汁ですが、会社や持自宅など食事の際に合わせての飲む青汁として、男性に人気の青汁が「俺の青汁」。

 

糖質の吸収を抑える事で知られる「桑の葉」に血流を促進しNOを産生するシトルリン、活力の源「亜鉛」も配合され、健康を目指す男性に人気です。

 

精力剤としての青汁