野菜不足解消の為に青汁を選ぶポイント

青汁を選ぶコツ-野菜不足解消

野菜不足解消を目的にした場合、どんな青汁を選ぶと良いでしょうか?

素材の栄養素と共に添加物・甘味料を確認

青汁を選ぶコツは甘味料の無い物を

野菜不足の食生活を補うための方法として、サプリメントや野菜ジュース、青汁など様々な選択肢があります。マルチビタミンなどのサプリメントや一日の推奨摂取量の野菜を配合した野菜ジュースなどもあり、何を選ぶかは個人の好みや嗜好があります。

青汁を飲んでいる方も、野菜不足解消をという方は多いです。青汁は本来、緑黄色野菜のしぼり汁なので、野菜不足解消に向いている素材です。しかし、どんな青汁でも野菜不足が解消できるかというと、YESとは言えないのが答えです。
本来、青汁が果たす食生活で不足しがちな野菜を補うことを考えると、ケールや大麦若葉、桑の葉といった素材そのものに含まれている栄養素も大切ですが、商品になった場合、その配合量や添加物にも注目する必要があります。
商品によっては、ケールや大麦若葉、桑の葉といった原材料よりも、添加物や甘味料が多い商品も多数あります。もちろん、添加物や甘味料も認可されている成分なので健康に問題はないとされますが、野菜不足を解消するために青汁を飲むという本来の目的から考えるとお勧めできないです。

野菜不足解消で青汁を選ぶコツ

  • 栄養豊富な素材の物を選ぶ
  • 添加物・甘味料などをチェックする

人気の青汁に入っている添加物・甘味料をチェック

青汁の素材の栄養成分をチェックする

そもそも野菜不足の生活とは

戦後の食生活の欧米化などが原因

野菜不足の食生活に青汁

戦後の経済成長で日本人は豊かさを手にし、それに伴い食生活も野菜の多い和食からタンパク質や脂質の多い欧米の食生活に変化したことが挙げられます。厚労省などが推奨する一日の必要な野菜は350グラム以上

食生活の欧米化だけでなく、単純に野菜が嫌いな方・忙しくてなかなか野菜が取れない方・外食が多い方など 350グラム以上の野菜を摂るのは現代にとってある意味難しいことかもしれません。

青汁選ぶコツ

青汁も商品によって特徴が違います。平成24年の健康業界で一番取り扱いの多いのも青汁素材です。野菜不足解消を目的に青汁を選ぶ時に、前述の栄養や添加物以外に、飲みやすさ、価格なども選ぶ時に気になるポイントです。

不味い青汁は続かないので飲みやすい物を選ぶ!

ケールの青汁は好みにもよりますが、苦みが気になるという方もおおいようです。桑の葉、大麦若葉がオススメ!

価格も大切ですが、品質・安全性を考え、安すぎる場合は、産地、配合成分などをしっかり確認しましょう。

1杯100円前後の青汁が品質・安全性で人気。安い青汁の素材は中国産が多いようです。

青汁だけに頼らない

青汁で野菜不足を補う事で、野菜を食べないで良いという事ではありません。バランスの良い食生活と運動が健康の基本です。

 

 

↓↓↓↓↓↓↓↓野菜不足解消にオススメ!国産桑の葉「俺の青汁」↓↓↓↓↓↓↓↓

 

野菜不足の食生活に桑の葉青汁