症状別で青汁を選ぶポイント-ダイエット

ダイエットを目的にした場合、どんな青汁を選ぶと良いでしょうか?

青汁でダイエット

まず、はじめに青汁は野菜を搾り取った絞り汁なので、飲むだけで痩せる魔法のようなダイエット飲料ではありません。しかし「ダイエット」で検索すると「青汁」が上位に表示されます。雑誌などでも青汁でダイエットの特集が掲載されています。

青汁は、本来、野菜からつくられる飲み物です。素材に含まれる成分には整腸作用もありますし、体内の老廃物を 外に排出してくれる効果がある成分もあります。そして青汁の特徴的な成分である食物繊維が豊富で、便秘からくる皮下脂肪の蓄積にもとても効果があると言われています。
脂肪燃焼を促進する効果が高いビタミン郡、そして健康改善に必要なミネラルもが多く含まれているので、基礎代謝が良くなることから青汁は、健康的にダイエットが出来るのではないかといわれます。

青汁を飲むタイミングも大切

青汁でダイエットなら食前に飲む方が効果的

青汁でダイエットをする場合に大切なポイントが、青汁を飲むタイミングです。青汁は薬ではないので、どの商品を購入しても食前に飲んでください!とは書いていません。実際ダイエットで青汁を飲む場合は、食前または食事の際に飲む方が多いようです。多くの素材に含まれる食物繊維や、糖質の吸収を抑える桑の葉のDNJなど、食前に飲む方が吸収を抑える事からダイエットを目的に考えた場合、理に適っています。

 

大麦若葉か桑の葉がオススメ

青汁には、ケールをはじめ様々な原料が使用されています。ダイエットに適している素材としては、カルコンを含む明日葉、食物繊維が豊富な大麦若葉、糖質の吸収を抑える桑の葉があります。その中で、基本的な栄養バランスの優れた大麦若葉か桑の葉がオススメです。
大麦若葉の特徴
桑の葉の特徴

青汁でダイエットする注意点

青汁でダイエットの注意点

青汁はあくまで、健康食品です。ダイエットのサポートとしてダイエット中の不足しがちな栄養補給、基礎代謝の向上などは期待できますが、青汁だけでダイエットをするという考え方は危険です。暴飲暴食を避けて、適度な運動を取り入れ、生活習慣の見直しなどを並行して行いましょう。

また、近年流行している「置き換えダイエット」などと異なり、青汁は食事の代わりに飲用するものではありません。

糖分の入ってない物を選ぶ

青汁はもともと、糖分が少なく、低カロリーな飲料です。しかし、青汁の中には飲みにくいものもあり、ケール素材などの苦みを誤魔化すために、甘味成分を配合しているものも増えています。ダイエット目的であれば、出来るだけ糖分の入っていない素材の青汁を選びましょう。

 

ダイエットにオススメ!糖質の吸収を抑えるDNJと食物繊維が豊富な桑の葉の青汁↓

 

ダイエットに桑の葉青汁が効果"