青汁-品質で選ぶ方法

青汁の品質と価格

健康飲料として、家庭や職場で青汁を飲む方は多いです。青汁は通販だけでなく、ドラッグストア、スーパー等あらゆるところで購入でき、何百という種類の商品があります。素材もケール、大麦若葉、桑の葉など有名な物から、そうでないものも沢山。
価格も1杯10円程度の物や数百円するものまで多彩です。青汁を選ぶ基準は様々で、風味や飲みやすさ、感じる効果、価格など人それぞれですが、気を付けたい事の一つとして品質があります。一般的に考えると安い物は品質が良くなく、高い物ほど高品質というイメージを持ちがちです。しかし、そういった側面もありますが一概に言えないので注意が必要です。

間違った青汁選び-品質の高さで選ぶには

まず、購入する際に量販店で安物の青汁を購入するのは止めましょう。通販で購入する場合も産地や栽培方法などを紹介せずに、「美味しい」「子供でも飲める」といった甘さを前面に出したものは添加物も気になります。価格重視で選ばずに成分や産地、製造方法などを確認しましょう。

 

素材の産地を明記している

ケール、大麦若葉、桑の葉等、代表的な素材ですが、良い商品はベース素材の栽培にもこだわっています。素材の産地が商品のパッケージやWEBサイトで確認できるものを選びましょう!個人的には青汁素材は100%国産が良いと思います。

配合成分がわかること

最近の青汁にはベース素材以外に、様々な成分が配合されている場合があります。効果や機能をサポートする目的の成分以外にも、人工的な甘味成分などが含まれているものも多いのが現状です。配合成分がハッキリ記載されているものを選びましょう。
できれば、成分の分量も確認したいところです。

ランキングや口コミは参考程度に

購入する際に、ランキングや口コミは参考程度にしましょう。あくまでメーカー側の発信情報であったり、広告的なサイトの可能性もあります。しかし結果的に品質の高い青汁は口コミ評価も良いようです。

1杯100円〜180円の青汁がオススメ!

これまでに、市販の青汁を50種類以上試した管理人の立場で、高品質な青汁の価格帯は1杯100円〜180円の間の物でした。安い物でも良い青汁はあります。例えば、ファンケルの青汁は、化学農薬を一切使用せず、愛媛・長野・鹿児島県の契約農家でミネラル農法によって栽培された、国内産ケールを100%使用していて、1本あたり100円未満で購入できます。使用している原料も、ケール、水溶性食物繊維、でんぷん分解物、植物性ツイントースと明確です。ケールの苦みが気にならない方で比較的安い青汁としておススメです。amazonなどではさらに低価格な青汁を購入することもできますが、中国産の物や添加物などが多いなど気になる商品も多いようです。高品質な青汁の目安は1杯100円ではないかと推測します。