男の青汁選び

1億杯を突破したやずやの養生青汁

 

にんにく卵黄や黒酢で知られる「やずや」の青汁は1億杯も飲まれています。

ケール素材の青汁は、ケール独特の味が苦手という方も多いのですが、やずやの青汁は大麦若葉なので飲みやすいのが大きな特徴です。
北海道産の大豆「とよまさり」を使用することで青臭さを極力抑えて、まろやかな風味を実現しました。
原材料の大麦若葉は、大分県国東半島産で無農薬。鉄分、ビタミンB1、ビタミンB2、β−カロテン、ビタミンA、カルシウム、が一度に補うことができてしまいます。
しかも豆乳青汁のカルシウム量は、牛乳コップ1杯分も含まれているため、毎日飲むだけで健康維持に繋がりますね。
1杯あたり6.6グラムのカルシウムが入っていて牛乳1杯分相当。お子さんにも安心な青汁です。
家族みんなで青汁を飲むなら養生青汁がおススメです.

 

※やずやでは、今、新商品をプッシュしています。

 

原材料 大麦若葉/デキストリン/ハト麦エキス粉末
価格 6,615円 1箱63袋入
特徴 農薬 化学肥料不使用
素材の大麦若葉にこだわり

やすやの養生青汁

「やずや」の青汁は大麦若葉にこだわっています。大麦若葉を摘み取る時間も規約農家に細かい管理を徹底し、太陽が昇る前の朝に摘取った大麦若葉を使用する事で栄養を逃さない工夫をしています。安価な海外産の大麦ではなく、九州の国東半島で無農薬、化学肥料を一切使用しないで育てられた大麦若葉を使用。このこだわりは長年健康食品の会社としてTOPを走るやずやならではでしょう。
栄養の吸収にこだわり

一般的な青汁はセルロースが栄養の吸収を阻害しがちですが、やずやの養生青汁は大麦若葉をローラーにかけて、セルロースから栄養を搾り出して製造しています。一般の青汁よりも栄養価の吸収を高める工夫がやずやのこだわりです。

「毎日「養生青汁」を2杯飲んだら、野菜は食べなくてイイのでは?

やすやの養生青汁-大麦

「養生青汁」はあくまで健康補助食品です。野菜の栄養はまず野菜から摂ることが基本です。足りない分を「青汁」で補うのが基本です。 「養生青汁」はスティック2本(粒タイプ2袋)で、必要とされる緑黄色野菜の栄養の一部を補うことができるので活用方法次第といったところです。

ちなみに厚生労働省は成人の野菜摂取目安を1日350g、そのうち緑黄色野菜を120g食べた方が良いという目安を公表しています。

デキストリン

デキストリンとは、ジャガイモ等のデンプンを加熱・酵素処理した水溶性食物繊維です。腸内で食べ物の水分を取り込む特性があります。
安全性、保存性なども優れていますので、多くの食品に利用されています。

養生青汁愛用者の声

女性やお子さんにも人気の養生青汁は栄養と飲みやすさが人気の秘密!

  • CMで見たやずやの「養生青汁」は正直まずそうに見えたけど、試してみると結構おいしい!
  • よそのメーカーの青汁も飲みましたが、やずやの青汁が一番です
  • 孫が青汁を指さして「飲む」と言い出しました。試しに一粒口に入れてやると、

    「うまい!うまい!」を連発。

  • 野菜不足になりがちなので、苦くなくて美味しいやずやの青汁を飲んでいます