青汁の素材・原材料を様々な角度で比較

大麦若葉とは

国内生産が減少し輸入が増えている大麦

大麦若葉とは

大麦若葉とは、イネ科の植物である大麦の若い葉の部分のことで、大麦が穂をつける前の20〜30cmに生育した新鮮な若葉を収穫したものをさします。

大麦は、古来から実の部分を食用として利用され、麦ごはんや、麦味噌、焼酎の原料として日本人に親しまれてきましたが、大麦若葉には豊富な栄養成分が含まれていることが分かり、青汁の原料として使われるようになりました。
日本国内での大麦の生産量は年々減少し、現在国内では17万トン程度が生産され、200万トン以上をロシアや中国など海外から輸入しています。
最近では、青汁の素材として注目されたことから、大分県、佐賀県、栃木県などでも生産が増えています。人気の大麦若葉の青汁の産地として大分県や佐賀県があります。安価な大麦若葉は中国産が多いようです。これには理由があります。大麦の特徴的な栽培法として“麦ふみ”があります。最近ではローラーを使用しますが、この辺の栽培管理や手間ひまを国内で生産する場合には高くなるようです。

大麦若葉の栄養

食物繊維や各種ビタミン、葉酸、カテキン、カルシウム、マグネシウム、鉄分、亜鉛、カリウム、カテキンやクロロフィル、SOD酵素などといった豊富な栄養素を含んでいます。青汁の素材としてケールと比較した場合、ビタミンや食物繊維が豊富です。食物繊維はケールの10倍で酵素類なども多く含まれていることからここ数年、ケールを凌ぐ青汁の原料として人気になっています。

大麦若葉の効果

大麦若葉に含まれている栄養素の健康に対する働き
大麦若葉に含まれる栄養素には健康に役立つ下記のような働きがあります。便秘でお悩みの方や美容、健康の維持を目的に青汁として飲用されています。
  • 貧血を予防する
  • ・・・カルシウム
  • え性を改善する
  • ・・・鉄分
  • 細胞の健康を維持する
  • ・・・SOD酵素
  • 目の健康に働きかける効果
  • ・・・ルティン
  • 皮膚や粘膜を丈夫にする
  • ・・・ビタミンC、βカロテン
  • 老化を防ぐ効果
  • ・・・βカロテン、ビタミンE、ビタミンB群
  • ストレスをやわらげる
  • ・・・ビタミンC、カルシウム
  • 免疫力を高める
  • ・・・β-カロテン、ビタミンC、5-ビスリン酸カルボキシラーゼ
  • 美容・美肌効果
  • ・・・ビタミンE、ビタミンC
  • 歯と骨を丈夫にする
  • ・・・カルシウム
  • 便通を整える
  • ・・・食物繊維

大麦若葉とケール、桑の葉の栄養成分を比較する

青汁の代表的素材の栄養素を比較した一覧表

国産の大麦若葉を使用した青汁

大麦若葉の青汁

国産の大麦若葉を原料とした人気の青汁が「やずや」の養生青汁です。通販会社として黒酢やにんにくで有名なやずやですが、もともとは大麦若葉の青汁が原点との事。栄養豊富で信頼のできる大麦若葉の青汁としてオススメの商品です。

 

 

やずやの養生青汁の詳細はこちらから

青汁の原料-大麦若葉の特徴関連ページ

ビタミンなどの栄養素
ケールの特徴
桑の葉の特徴