青汁の素材・原材料を様々な角度で比較

ケールとは

そもそもケールって?

ケールは青汁の素材の代表

ケールはアブラナ科の植物で、地中海沿岸が原産といわれているキャベツの原種。およそ4500年前には地中海沿岸で誕生したといわれ、紀元前にはギリシャで栽培が始まったそうです。

はじめて日本にやっってきたのは江戸時代といわれていて、キャベツやブロッコリー、カリフラワーはケールを品種改良して作られました。
ビタミンやミネラルなどが豊富で、野菜と比べても栄養価が高いといわれ、野菜の王様としても知られ、。いまでは、元祖青汁、青汁の代表的な素材として知られる存在になりましたが、戦後、食糧難に陥ったために、栄養補給を目的として病院食や給食用に青汁が飲まれるようになりました。栄養のバランスがよく、1年通して栽培が可能であり、収穫量が多く、激性がないことなどの事から貴重な栄養源として活躍しました。
普通のキャベツは結球しますが、ケールは不結球性で丸くならないことから別名「葉キャベツ」とも呼ばれています。 一年中栽培できるのも特徴の一つです。
名前の由来は、ケールト人が最初に栽培した事から「ケール」と呼ばれるようになった説と、人参と同じ緑黄食野菜の一つでキャロットから変化してケールになったという説もあります。

ケールの品種で青汁には2種が使用されています

ケールには幾つかの種類があり、プチヴェール、キッチン(赤)、カーボロネロ、ジューシーグリーン、スイートグリーン、カーボロリーフグリーン(ゴズィラーナ)、キッチン(緑)、サンバカーニバル等があり、ジューシーグリーン、スイートグリーン、カーボロリーフグリーン(ゴズィラーナ)、キッチン(緑)、サンバカーニバル5種が品種登録されていいます。青汁で多く採用されているの品種が、ジューシーグリーンとスイートグリーンの2種です。

ケールの栄養成分

ケールの栄養は緑黄書野菜と比較しても多い

ケールは「野菜の王様」と呼ばれるほど、栄養価が高いとされてきました。特に、β-カロテンやルティンが豊富に含まれています。カリウム等のミネラル分も非常に多く、一般的に販売されている緑黄色野菜と比較しても高い栄養成分が特徴です。

青汁の商品紹介で、人参何個分、ピーマンの何倍、レモンの10倍など野菜の中でも栄養豊富な事を分かりやすく紹介されてきたことからも、ケールの栄養価が高い事は知れわたるようになりました。

ケールの効果

ケールに含まれている栄養素の健康に対する働き

ケールに含まれる栄養素には健康に役立つ下記のような働きがありますので、便秘でお悩みの方や美容、健康の維持を目的に青汁として飲用されています。

  • 目の健康に働きかける効果
  • ・・・ルティン
  • 皮膚や粘膜を丈夫にする
  • ・・・ビタミンC、βカロテン
  • 老化を防ぐ効果
  • ・・・βカロテン、ビタミンE、ビタミンB群
  • ストレスをやわらげる
  • ・・・ビタミンC、カルシウム
  • 免疫力を高める
  • ・・・β-カロテン、ビタミンC、5-ビスリン酸カルボキシラーゼ
  • 美容・美肌効果
  • ・・・ビタミンE、ビタミンC
  • 歯と骨を丈夫にする
  • ・・・カルシウム
  • 便通を整える
  • ・・・食物繊維

遠藤青汁普及会のケール100%青汁

販売実績25年まさにケール青汁の元祖!

遠藤青汁

良質なケール100%の遠藤青汁は、青汁健康法の創始者である遠藤仁郎博士の直接指導を受け、良質なケールの青汁を提供するために、「農薬を使わない」「科学肥料を使わない」「添加物を使わない」「着色料を使わない」を守っている25年の実績の元祖青汁。 

原材料

ケール

産地 日本
内容量 200g
通常購入 2835円(税コミ)
5箱購入 11340円(税こみ)
添加物・農薬 添加物なし・無農薬

ケール100%の青汁

青汁の原料-ケールの特徴関連ページ

ビタミンなどの栄養素
大麦若葉の特徴
桑の葉の特徴